彩の国さいたまの安全に奉仕する警備業

埼警協の役割

県民の皆様の生命・財産を守り、安全で安心な地域社会の実現を目指します。

埼警協とは

  • 埼警協は、埼玉県内で警備業を営む個人又は法人で、協会の目的に賛同して入会した会員によって組織された公認の団体です。
  • 埼警協は、埼玉県知事の認可を受けた民法上の一般社団法人であります。
  • 埼警協は、一般社団法人 全国警備業協会(略称「全警協」)の会員となっており、埼警協会員は同時に全警協加盟員でもあります。

埼警協の目的

埼警協は、犯罪等のない明るい社会を実現するため、警備業務の適正な運営を確保して警備業の健全な発展を図り、もって社会公共の安全に寄与することを目的としております。

特に、最近における日本の国際化、情報化の急激な進展の中にあって、社会情勢はますます複雑多様化し、県民の日常生活を脅かす新たな犯罪や重大凶悪な事件・事故が多発するなど、県民が肌で感じる「体感治安」は一段と悪化し、安全の補完組織である警備業に対する社会的役割や期待が高まっております。

埼警協は、その目的と使命を強く自覚し、埼玉県民の期待と信頼に応えるべく、組織体制の充実・整備に日々努めてまいります。